LPガスは自由料金なので、安くて信頼できるガス屋さんを選ぶことが大切です。

トップページ

プロパンガスの節約術

プロパンガスは高いと思ってはいませんか?単価を安くしてもらうのはもちろんですが、家庭でも少しの工夫をすることで、料金を抑えることができます。プロパンガスの料金が高くなるのは、ガスコンロではなく、お風呂などに使う給湯器です。

例えば、温水のシャワーを出したり、お風呂を沸かしたり、お湯を出して食器を洗う際に、給湯器を使うかと思います。ちなみに、15分間シャワーを出し続けているのと、お湯をはるのでは同じくらいのプロパンガスが使われています。なので、シャワーを出しっぱなしにするのであれば、お風呂を溜めてしまった方が、実は安上がりだったりします。

お風呂を入れたら、冷めないように市販されている保温シートを利用すると良いでしょう。お湯を入れている時やお風呂に入らない時にそれを使うと、お風呂が冷めにくくなります。また、水かさを多くするために、ペットボトルを浴槽に浮かべるのもLPガス節約に効果的になります。また、温水のシャワーもなるべく流さないように心がけると良いかと思います。

キッチンでLPガスを節約する場合には、圧力鍋を利用したり、電子レンジで調理したり、なるべく電気を使うようにすると良いかもしれません。できるだけ調理する時間を短縮させることも大切です。このように、LPガスを節約するのであれば、なるべく温水は使わないようにしたり、ガスの利用も控えるようにすると、自然と料金も低くなっていくかと思います。少しの工夫と心がけ次第なので、注意すると良いでしょう。